お金に困った時の対応方法

光熱費の削減は、すぐにお金が増えたり、出費が抑えられたりという効果はありませんが、
結果的に翌月以降(引き落とし月)に手元に残るお金が増えて、慢性的な金欠の改善につながります。  とはいえ、家にいると、テレビをつけたり、冷暖房を使ったり、それらを我慢したとしても、
トイレや照明などなんだかんだで光熱費はかかってしまいます。

光熱費を節約する一番の方法は、外出してしまうことです。
お弁当と水筒を持参して外出すれば、光熱費も外食費もかかりません。

しかしいざ外出しようとしても、お金がないのにどこへ行けばいいのか困りますね。

一番お勧めの行き先はやはり図書館です。
閲覧のみならばどこの図書館も誰でも無料で利用できて、冷暖房は完備しています。

文芸書や雑誌を始めとした書籍はもちろんですが、DVDなどの視聴覚資料もたくさんあるので
一日中居ても飽きません。

屋内施設ですので、トイレの心配も無用です。
一般的に館内は飲食が禁止で売店などは無いため、ついついの買い食いや散財の心配もありません。

多くの場合、屋外にベンチなどが設けられていますので、そこで持参したお弁当を食べることもできます。
税金で運営されている公共施設ですので、大いに利用していきたいです。

でも本当に困ったときだけ、安心の置ける消費者金融で超短期で借りるようにしています。 http://www.asburywillows.com/