早いうちに弁護士などに相談する方がいいんです

貸付の相手が闇金業者だと気がついたら、なるべく早いうちに闇金問題を扱ってる弁護士などに相談する方がよいですよ。

ヤミ金はしつこい取り立てをしても利息を払えないことを告げると、「○○日に入金するって言ったろう! 約束は守るのが人として当たり前だ」などと言って責めてきますよね。

自分たちが犯罪者である事は棚に上げて、こうした借金は返すものといった一般論のような話にすり替えていきます。

ヤミ金というのは違法業者ですから、貸した・借りたとして考えるのが間違いであります。

闇金業者から返済を要求され利息なんていうのは、根拠のない利息ともいえない暴利で増えてしまったのです。

このような借金は、そのやり取り自体が違法なものなので、あなたに返済義務はないのです。

ヤミ金による日々の取り立て行為には、相手のペースに引き込まれてはいけません!

もうヤミ金の取り立てから逃げ回るんじゃなくて、警察に訴える証拠となるものを集めていくなど、強く意思を持ってヤミ金業者と手を切る努力をしましょう。

もちろん被害者自身がヤミ金にひとりで戦うのは大変困難だから、闇金問題に強い弁護士や司法書士の事務所に相談したほうがいいですね。

法律の専門家であるスタッフに解決を依頼することで、業者とのやり取りや債務の整理まで、あなたの借金問題の解決に力を貸してくれますよ。

弁護士に相談する前に少しでも闇金への対処方法を知りたいのでしたら、このブログなどを見てみたらどうでしょう。