主人が亡くなりカードローンが残った

先日主人が亡くなりましたが、主人にカードローンが残っているのがわかりました。妻の私に支払う必要があるのでしょうか?というような話を聞いたことがありますがクレジットカードの場合は、盗難や紛失、本人死亡などの場合に、残債があったり、盗難されて他人がショッピングをして、残債がなこったなどいろんなトラブルに備えて、保険に加入している場合がほとんどです、
民法の上では、相続のところで、負の遺産も財産とみなされて、相続人がその権利を引き継ぐことになってますので、たとえ、ご主人が勝手に加入していたカードローンであっても、相続人に返済の義務が残りますね。
返済はできないということであれば、なくなられた方にはプラスの遺産が全く無い場合は、相続を放棄することができます。(相続を放棄することで、返済の義務もなくなります、ただし、たとえばなくなられた方が土地をお持ちでしたら、そちらも放棄する必要があります)しかし、ほとんどのカードやショッピングカードなどには、ローンの会社が団体信用保険をかけている場合があります。それが適用される場合は、残っているカードローンの返済が保険でされますので、返済の義務はなくなります。
いずれにしてもこのような場合は、カード会社にすぐに連絡をして、状況を話今後どのようにしたらよいのか相談をするのがいちばんいい方法ではないでしょうか。