消費者金融や銀行からの債権を踏み倒し

無い袖は振れないという言葉がありますが、どれだけ請求しても返済してくれないという人も中には出てきます。
たとえ、裁判で勝っても、財産やお金になるものがなかったら、その人から取りことはできませんし、他には、最後の手段で夜逃げするという人もあります。
このようなケースは、非常にたくさんありますから、どうしても、消費者金融の金利が高くなるのは、やむをえない部分もあるかもしれません。
さいごは、自宅訪問してもダメな場合、全く連絡がなくなる場合があります。そのような場合は、当人からすると「踏み倒し成功」と感じられるかもしれませんが、ただ単純に不良債権として処理されただけです。つまり、会社の経費、会社の損金となっただけですが、あなたの、不良債権化した事実は消えませんから、5~10年の間、債務者は、クレジットカード、カードローン、キャッシングローンの審査は一切通らなくなり、銀行の目的別ローン(住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど)も審査に通らなくなります。そのほかに連絡が来なくなる場合に、債権が転売されて、他の業者、つまりやくざとか悪徳業者にその債権が移った場合です。このような人たちに債権が譲渡されますと、かなり厳しい取り立てを覚悟しなければなりません。その場合は、しばらくしてから、債権を譲渡されましたので、これからはこちらでで交渉します。という連絡がはいります。それからは・・・・どうなるかわかりませんから、踏み倒しはしないほうが良いと思いますよ。法人向けのETC専用カードの申し込み方法とお得な割引制度