クレジットで時効援用なんてできるの?

クレジットの借金も時効援用することができます。でも時効援用する前にちゃんと時効が成立しているか確認しておかないと時効援用しても失敗します。時効についてはちゃんと理解しておかなければなりません。

「クレジット時効」銀行ローンなどを滞納してしまい、5年前の借金を抱えている奴では、耳にしたこともあるかもしれません。

ですがそれがどういう一品なのか、詳しくは思い付か、という方も多いのではないでしょうか。

クレジット時効は、簡単に言ってしまえば5年前の借金をなかったことにこなせるシステムです。

金額がいくらであろうって、選択されれば残りの5年前の借金を0にすることができます。

つまり、5年前の借金を時効にすることが可能なのです。

ただし、こういうシステムによるには、いくつかの条件があります。

意外と1つ目は、返納をしない期間を始めるについて。

その必要な期間は、貸主が消費者金融や信用金庫なのか、銀行なのかを通じてなるのですが、一般的には銀行が貸主の場合は5年の期間が必要です。

そして2つめの条件は、貸主にこういうシステムによるということを通知することです。

こういう2つは強制条件となりますので、システムの消耗をお考えの皆様は、敢然と頭に入れておいてください。

次に、こういうシステムによるうえでの登録方法には、「内容証明便り」があります。

こういう内容証明便りは貸主にシステムの消耗を通知するためのものなのですが、こういう内容証明便りの書き方にも、様々な条件があります。

文字数は縦書きの場合1枚につき26行まで、横書きの場合は1行13ワード以内で1枚につき40行まで、といったように、細かい決まりがあるので注意が必要です。

その内容証明便りを、便り局のトップに発表すれば手続きは完了します。

大丈夫クレジット時効が選択されれば、支払責務を無くすことができ、5年前の借金も消失行なう。

クレジットカードの時効援用をしたいならクレジットカード時効援用は怖くない!も参考になるよ。