消費者金融の金利はなぜ幅があるのか

消費者金融の金利を見比べていると、多くのケースで4.5%~18.0%など、幅を持った金利が記載されています。どうしてこのように幅のある金利が記載されているのでしょうか。

消費者金融では、貸付可能金額に応じて金利が変動する仕組みが採用されています。例えば、100万円以内の貸付の場合には金利は18.0%でも、800万円の貸付可能額の場合には金利は4.5%で融資を行うというものです。消費者金融では貸付可能額に応じてかなり細かく金利が設定されれていますが、それをすべて記載をしていしまうとかなりごちゃごちゃとしてしまいます。そのため、貸付をする場合の上限金利と下限金利を同時に記載していることがおおくなっています。

消費者金融のカードローンを利用する場合、金利をチェックするときには、上限金利をみるようにします。多くのケースで、消費者金融では初めての融資に対しては10万円~50万円程度が貸付上限金額となり、年収や利用実績などに応じて上限金額を上げていくことが多くなります。当初融資を受けるときには、貸付金利の上限金利に近い金利が適用になるため、下限金利がいくら低くてもあまり意味がありません。下限金利が適用になるのは貸付上限金額が極度額の場合と考えるようにしましょう。